お酒の飲み過ぎが気になる方へ
アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなる病気です。
飲むことで身体・家庭・仕事に悪影響をおよぼしているとわかっていても、自分の意志ではやめることができなくなっています。死に至る進行性の病気ですので、適切な治療が必要です。
アルコールを飲み続ける期間が長いほど、健康問題、社会問題が深刻化します。早期発見、早期治療なら、治療効果もあがります。

アルコール依存症になると、自力で回復することが困難なため、医療機関での治療が必要です。また、治療に際しては、あなたの「治療を受けたい」「お酒を止めたい」という気持ちが最も大事です。

アルコール依存症は病気です。
でも、回復の希望のある病気です。

身体に、家庭に、仕事に大変な悪影響を及ぼしてしまう前に、家族や自分がアルコール依存症と気付いたら、まずは専門の医療機関に相談することが大切です。あなたの「お酒を止めたい」気持ちを、私たちが一緒にサポートします。

あなたは大丈夫ですか?
アルコール依存症スクリーニングCAGEテスト
自分の飲酒量を減らさなければと
  感じたことがある
他の人に自分の飲酒について非難され、
  気にさわったことがある
自分の飲酒について悪いとか、
  申し訳ないと感じたことがある
神経を落ち着かせたり、二日酔いを
  治すために「迎え酒」をしたことがある
もっと詳しくチェックされたい方は、独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターによってつくられた日本人向けのアルコール依存症のスクリーニングテストをご参考ください。
久里浜式アルコール症スクリーニングテスト 男性版  女性版


"虹と海のARP" アルコールリハビリテーションプログラム
虹と海のホスピタルのアルコール・リハビリテーション・プログラム(ARP)は、これから続くアルコール依存症からの回復のための第一歩です。

プログラムを通じて、アルコール依存症に対する知識を深め、アルコール問題を振り返ることで、ともに回復の道を歩んでいきましょう。
アルコール依存症からの回復には長い時間を要しますが、あきらめずに取り組んでいきましょう。


虹と海のARPの特徴
今までの飲酒生活を振り返るための貴重な機会ですので、入院のみのプログラムです。
実際の断酒生活に役立つことを目的として、「アルコールを避ける生活の送り方」「酒の誘いの断り方」「飲みたくなった時の対処法」「やめていたのに飲んでしまった時の対処法」など、具体的で実践的な内容を取り入れています。

入院治療プログラムでは、久里浜医療センターの新しい認知行動療法をはじめ、下記の内容を取り入れています。

厚生労働省のアルコール専門研修を修了した医師と看護師、作業療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカーが、チームで担当します。

ミーティング
(認知行動療法)
物事の捉え方(認知)やそれに伴う行動を望ましいものにしていく認知行動療法プログラムです。
 
勉強会

看護師や専門職による病気・治療についての勉強会です。
 
家族支援

 

家族からのご相談や、退院前の自宅への訪問看護などで、家族の不安をサポートします。

運動療法
他のメンバーと助け合うこと、素面(しらふ)で身体を動かし汗を流すことを楽しみます。また断酒によって体力がどれだけ回復したかを実感する機会となります。
 
作業療法・フロア活動
ものづくり(陶芸・革細工など)を通して、集中の持続性や作業能力の回復を図ります。
 
自助グループ
アルコール依存症は一人では回復できない病気です。断酒継続のために、退院後も自助グループに通い続けることも重要です。


受診方法
受診は予約制となっておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。


家族の飲酒が心配なのですが…。
ご本人が受診を拒否されるケースも珍しくありません。こうした場合に、ご家族だけのご相談も医師がお受けしています。ご両親、ご兄弟など、複数の方で相談していただいても構いません。
※家族のみのご相談は保険診療にあたらない為、自費にて承っております。
※処方箋はご本人が受診されるまでお出しできません。


お酒の飲みすぎが気になる方、ご家族の方、お気軽にご相談ください!



   


相談室はこちらから
医療法人唐虹会
虹と海のホスピタル
〒847-0031 佐賀県唐津市原842-1
唐津ICすぐそば
アクセス方法はこちら